So-net無料ブログ作成

鳩山首相、敵地攻撃「違憲でない」=参院予算委で集中審議(時事通信)

 参院予算委員会は23日午後、鳩山由紀夫首相と関係閣僚が出席して外交と安全保障をテーマに集中審議を行った。首相は、敵基地攻撃能力に関し「能力を持つことすべてが憲法違反ではない。1956年の鳩山(一郎)内閣の見解が今日まで生きている」と述べ、敵地攻撃を条件付きで憲法上可能としたこれまでの政府統一見解を踏襲する考えを示した。自民党の川口順子元外相への答弁。
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、自民党の山本一太氏は「県外になる可能性はあるか」とただした。これに対し、首相は「すべてをゼロベースで検討している最中だから、イエスと申し上げる」と語った。
 同党の佐藤正久氏は「普天間が残ることはないと約束してほしい」と求めたが、首相は「一朝有事が起きたときに、普天間がなくても事が済むのかといった議論も含めてゼロベースで議論をしている」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
政府案決定へ詰め=首相、関係閣僚と協議へ
鳩山首相と関係閣僚、夜に協議=普天間移設、政府案で詰め
日中韓「今まで以上に良好に」=東アジア共同体の意義強調

容疑者拘束、日本政府も確認=情報提供要請へ−ギョーザ事件(時事通信)
絹谷幸二賞に大谷有花(産経新聞)
平野官房長官と国民新・下地氏が普天間移設めぐり協議(産経新聞)
<東九州道工事>橋に亀裂、造り直し 強度計算ミスか(毎日新聞)
【新・関西笑談】「経済」を語ろう。(4)俳優 國村隼さん(産経新聞)



学費未納は卒業認めず、7県16校の私立高(読売新聞)

 この春、私立高生が学費未納を理由に卒業式に出られないなどのケースが少なくとも7県16校で起きたことが、読売新聞のまとめでわかった。

 公私立問わず、経済的な理由で卒業前に退学するケースや出席停止に追い込まれる例も出ており、文部科学省は、こうした事態が生じないよう配慮を求める文書を都道府県教委などに出した。

 読売新聞が都道府県などを通じて調べたところ、卒業式に出席させなかったり、卒業証書を渡さなかったりした私立高校の事例が、愛知(5校)、山形(4校)、新潟(2校)、富山(2校)、和歌山、鳥取、香川(各1校)の7県計16校で確認された。

 うち、山形では、私立高4校が計10人について、卒業式で証書をいったん渡した後に回収する「証書預かり」としたほか、和歌山では1校が1人を「卒業留保」とし卒業式に出席させなかった。学費完納後、1人だけの卒業式を開くという。

 こうしたケースでは学費を納めれば卒業を認めると見られ、山形県の別の私立高2校では、数人の生徒に出席停止を通告したが、その後、全員が学費を納付したため取り消した。各県は納入が遅れても卒業を認めるよう求めている。

皮肉?中井国家公安委員長、北教組の資金提供「うらやましい」(産経新聞)
政倫審へ小林議員 招致を自公が要請(産経新聞)
「砂丘の怪物」化石発見=1億8500万年前の草食恐竜−米国(時事通信)
日本IBMが循環取引関与=ニイウスコー粉飾−監視委(時事通信)
<東京電力>福島原発の稼働延長など申請 運転40年迎え(毎日新聞)



<高木美帆選手>1人の「卒業式」…北海道・札内中(毎日新聞)

 バンクーバー冬季五輪女子スピードスケート代表の高木美帆選手(15)の中学卒業を祝おうと、在学する北海道幕別町立札内中で24日、高木選手1人のための“卒業式”が開かれた。

【関連記事】京大も卒業式 

 同校の卒業式は15日に行われたが、高木選手は五輪後も世界ジュニア選手権(モスクワ)に転戦し、地元に戻ったのは16日。24日は、すでに卒業式を終えた同級生や大勢の後輩が見守る体育館で五輪出場を報告し、壇上で卒業証書を手渡されると、大きな拍手で祝福された。

 式後「今日で制服も着られなくなるんだな」と寂しげな様子の高木選手。「あっという間の3年間だったけど、五輪に出たことが一番の思い出」と中学生活を振り返った。

 4月からは、ともに世界ジュニアに出場した姉の菜那選手(17)=2年=も通学している帯広市立帯広南商高に進学する。【田中裕之】

【関連ニュース】
【写真特集】バンクーバーのヒロイン:15歳の新星・高木美帆(スピードスケート)
高木美帆選手:「努力を忘れない」 町民栄誉賞表彰式
五輪スピード:田畑が涙、高木「感動」…団体追い抜きで銀
五輪スピード:15歳の高木、少し満足げ 千五百23位
五輪スピード:高木美帆、声援で先輩後押し…女子追い抜き

阿久根市長、一般質問を2日続けてボイコット(読売新聞)
「空飛ぶ首相官邸」政府専用機はペアで飛行(読売新聞)
東京で桜が開花 平年より6日早く(産経新聞)
生方副幹事長を解任=小沢氏批判を問題視−民主(時事通信)
市長もニコニコ「日光仮面」着ぐるみ完成(読売新聞)



鳩山邦夫氏に酷評の嵐(産経新聞)

 ■何回離党されましたか/龍馬気取りに「はあ?」/10年遅かった

 自民党に離党届を出した鳩山邦夫元総務相に対して16日、野党や閣僚から厳しい声が相次いだ。

 共産党の穀田恵二国会対策委員長は記者会見で、「何回離党されましたか。ずいぶん数えきれないほどあったと思う」と、鳩山氏の“離党癖”を皮肉った。

 鳩山氏は衆院当選11回の政界有数のベテラン。昭和51年の初当選から今までに「新自由クラブ→自民党→無所属→改革の会→自由改革連合→新進党→民主党→無所属→自民党→無所属」と、所属する政党や院内会派を変えてきた経歴を持っている。

 一方、前原誠司国土交通相は記者会見で、鳩山氏が新党結成に向け坂本龍馬役になると発言したことについて、「私は坂本龍馬が大好きなので極めて不快感を持っている。自民党の古い、考え方の違う方々を薩長同盟になぞらえて一緒にするといわれても、『はあ?』という感じだ」と酷評した。

 仙谷由人国家戦略担当相も「はっきり言って、行動が10年遅かった。第三極論は相当色あせているのでは」と批判。枝野幸男行政刷新担当相に至っては、「興味も関心もない。昨日の(鳩山氏離党の)ニュースの視聴率は低かったんじゃないかな」と冷ややかだった。

「4年後までに信頼回復」=年金記録漏れ問題で−長妻氏(時事通信)
公務員の幹部人事凍結=新制度前の駆け込み防止−仙谷担当相(時事通信)
<雑記帳>「龍馬銀貨」5月発行(毎日新聞)
北教組「逆ギレ」文書に馳議員「蛙の面に小便」 衆院文部科学委(産経新聞)
首相動静(3月19日)(時事通信)



時効見直し 刑訴法改正案を閣議決定 殺人などで時効廃止(毎日新聞)

 政府は12日、殺人など凶悪重大事件の公訴時効を見直す刑事訴訟法改正案を閣議決定した。公訴時効制度の見直しは05年の改正以来5年ぶり。未解決事件の被害者遺族の強い要望を受け、殺人など一部の罪で時効を廃止する内容で、刑事政策の転換となる。

【殺人と時効 各国の制度は】米国の場合 元検事、ケネス・オドネルさん

 見直しは人を死亡させた犯罪が対象。殺人や強盗殺人など法定上限が死刑に当たる罪は時効を廃止し、傷害致死や危険運転致死、自動車運転過失致死などその他の罪は現行期間の倍に延長する。過去に発生した事件でも改正法の施行までに時効が完成していなければ適用対象となる。【石川淳一】

【関連ニュース】
【殺人と時効 各国の制度は】フランスの場合 パリ第2大法学部教授、ディディエ・レブさん
【殺人と時効 各国の制度は】ドイツの場合 ベルリン・フンボルト大法学部教授、ゲアハルト・ウェルレさん
忘れない 「時効」よ止まれ アーカイブ
【関連動画】殺人事件時効の瞬間 被害者家族は  尼崎の19歳女性殺人事件
【未解決凶悪事件の特集】忘れない 「未解決」を歩く

民主は今年で消滅? 首相、結党時に「時限政党論」(産経新聞)
「私の組織で抹殺します」 部下脅迫の疑い、大和市職員逮捕(産経新聞)
供述調書報道、草薙厚子さんとNHKが和解(読売新聞)
坂本龍一さんら大臣賞=芸術選奨に30人−文化庁(時事通信)
EXPO’70パビリオン 開館 大阪万博を後世に(毎日新聞)



宮城・福島・山形各地で震度4、震源は福島沖(読売新聞)

 13日午後9時46分頃、福島県沖を震源とする地震があり、宮城県石巻市、塩釜市、山形県米沢市などで震度4を観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約80キロ、マグニチュードは5・7と推定される。

 この地震による津波の心配はないという。

 主な地域の震度は次の通り。

 ▽震度4 宮城県栗原市、大崎市、名取市、角田市、岩沼市、石巻市、塩釜市、山形県村山市、米沢市、福島市、福島県郡山市、白河市、二本松市、いわき市。

<証券等監視委>IT関連会社に虚偽記載の疑いで課徴金勧告(毎日新聞)
小林議員を参考人聴取=資金提供、認識を否定−札幌地検(時事通信)
<JAXA>「あかつき」と「イカロス」公開 5月打ち上げ(毎日新聞)
<久慈市長選>山内隆文氏が再選 岩手(毎日新聞)
政争ばかりの「バナナ共和国」 米政府関係者ぼやく(産経新聞)



佐賀の人違い射殺、元暴力団員の無期確定へ(産経新聞)

 佐賀県武雄市の病院で平成19年、入院中の板金業、宮元洋さん=当時(34)=を対立暴力団関係者と間違えて射殺したとして、殺人罪などに問われた元暴力団組員、今田文雄被告(63)の上告審で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は今田被告側の上告を棄却する決定をした。懲役24年とした1審判決を破棄、無期懲役を言い渡した2審福岡高裁判決が確定する。決定は8日付。

 1審佐賀地裁は犯行を非難しながらも、宮本さんの遺族と暴力団の間で示談が成立していることなどから有期刑を選択し、検察側、被告側の双方が控訴した。2審は「示談は遺族と被告自身の間で成立したものではなく、さほど重視できない」として、無期懲役を言い渡していた。

 判決などによると、今田被告は19年11月8日朝、武雄市の病院に侵入。入院していた宮本さんを抗争中の対立暴力団関係者と誤認し、拳銃で撃って殺害した。

【関連記事】
「暴れん坊将軍の悪代官に影響された」… 建設会社に「小判」要求した山口組系組幹部を逮捕 警視庁
幼稚園の目の前に暴力団事務所 北九州市
2警官が暴力団に情報漏洩か 奈良県警、処分を検討
「おれはヤクザだ」名乗る新手の振り込め詐欺 成功率向上狙う?
捜査本部の冷蔵庫、暴力団幹部が提供 入手の警部を注意処分

パチンコ店で340万円奪われる=男が従業員殴り逃走−北海道(時事通信)
学校運営「校長より職員会議」8割 道内公立校、「法逸脱」状態 (産経新聞)
ユーチューブにバイク暴走映像=知人投稿、運転の男を逮捕−和歌山県警(時事通信)
1月機械受注、3.7%減=基調判断は上方修正−内閣府(時事通信)
小型ロボットアーム取り付け=「きぼう」で野口さん(時事通信)



直嶋経産相 低レベル廃棄物受け入れを 青森県知事に要請(毎日新聞)

 国内の使用済み核燃料を海外で再処理した際に生まれた低レベル放射性廃棄物について、直嶋正行経済産業相は6日、青森県を訪れ、三村申吾知事に「返還が遅れると国際的な信用を損なう」として同県六ケ所村での受け入れを要請した。三村知事は「検討を開始する」と答えた。

 電力各社は69年以降、仏と英国に再処理を委託。高レベル放射性廃棄物については既に六ケ所村に返還が始まっており、低レベル放射性廃棄物についても13年から仏分の返還が始まる予定。低レベルの受け入れが決まれば、日本原燃(六ケ所村)が再処理工場敷地内に12年度着工、18年度操業開始予定で新たな貯蔵施設を造ることにしている。

 国内で選定を進めている最終処分地の建設場所は未定だが、直嶋経産相は「青森県を最終処分地にしないと約束する」と話した。【矢澤秀範】

【関連ニュース】
直嶋経産相:「状況きちんと説明を」 米公聴会でトヨタに
インドネシア:「回廊構想」で合意…直嶋経産相ら訪問団
トヨタ:「プリウス」リコール トヨタ出身・直嶋経産相「比較的速い判断」
キリン・サントリー:統合破談 直嶋経産相「残念だった」
直嶋経産相:「東海の力に期待」3県知事らと意見交換

文科相、五輪選手支援企業の優遇税制検討(読売新聞)
相次ぐ児童虐待、昨年は最多の335件(読売新聞)
埼玉の4歳衰弱死、両親「診察が必要」と認識(読売新聞)
<パトカー事故>追跡中に高2女子はねる 大阪・岸和田(毎日新聞)
牛丼店に強盗、90万円奪う=栃木(時事通信)



「自殺」装い夫殺害容疑、妻ら5人逮捕(読売新聞)

 宮城県亘理(わたり)町で2000年、自衛官の男性を自殺に見せかけて殺害したとして、宮城県警は3日、自衛官の妻で、那覇市安謝、パート社員高橋まゆみ(49)、福島市野田町、工員山田純也(31)の両容疑者と、仙台市若林区、会社役員菅田伸也被告(31)(強盗殺人罪などで起訴)ら計5人を殺人容疑で逮捕した。

 自衛官には生命保険がかけられ、まゆみ容疑者が保険金を受け取っている。捜査関係者によると、「菅田被告らが自衛官の保険金1億数千万円を得ていた」との証言がある。県警は、保険金目的の殺人の疑いで捜査を進める方針。

 発表によると、5人は00年8月6日、宮城県亘理町、自衛官高橋光成さん(当時45歳)方で、高橋さんの首を絞めるなどして殺害した疑い。5人とも容疑を認めているという。まゆみ容疑者は当時、「外出先から戻ると、夫が台所で首をつっていた」と警察官に説明していた。県警は、遺体に目立った外傷はなかったため、検視で自殺と断定し、司法解剖はしていなかった。捜査関係者によると、仙台市の風俗店経営者を殺害したとして、菅田被告とともに逮捕・起訴された北海道旭川市、無職笹本智之被告(35)が「菅田被告が高橋さんを殺害した」と話したことから、県警が捜査していた。

<訃報>高橋進さん61歳=東京大教授、国際政治史(毎日新聞)
<訃報>篠原晃さん89歳=元電気化学工業社長(毎日新聞)
<強制わいせつ>NHK職員に有罪判決 電車内で女性触る(毎日新聞)
辞任要求の与謝野氏「民主に代わる選択肢も…」(読売新聞)
カラフル野菜でヒット狙う 「新しい彩りで食卓をより楽しく」(産経新聞)



河口16キロ上流でも水位急上昇=40センチ、利根川で−茨城(時事通信)

 千葉県銚子市の利根川河口から16キロ上流の茨城県神栖市太田で、気象庁が津波を観測した2月28日午後、水位が40センチ上昇していたことが1日、国土交通省利根川下流河川事務所の調べで分かった。同事務所は「利根川の水位が下流から急激に上がることは通常ない」としており、チリで起きた大地震に伴う津波が原因とみている。
 同事務所によると、利根川河口では28日午後2時20分ごろから水位が40センチほど急激に上昇。河口から16キロ上流の神栖市太田の観測点でも同3時ごろから水位が急速に上がり始め、30分後には40センチ上昇した。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震〜日本にも津波〜
津波警報をすべて解除=17時間半ぶり、注意報は一部継続
岩手、高知で1.2メートル=太平洋側各地に津波-65万世帯に避難指示・勧告

首相がトップセールス、ベトナムに原発売り込み(産経新聞)
年金追納期間を10年に延長、改正案を閣議決定(読売新聞)
<訃報>篠原晃さん89歳=元電気化学工業社長(毎日新聞)
<普天間移設>首相「月内に政府案」(毎日新聞)
人材派遣協理事長・副理事長の会社に改善命令(読売新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。