So-net無料ブログ作成
検索選択

江戸川区の祭りが一堂に(産経新聞)

 江戸川区に古くから伝わるさまざまな祭りを紹介する企画展「江戸川区の祭り〜その心とカタチ〜」が、区の文化施設「篠崎文化プラザ」(同区篠崎町)で開かれている。

 茅の輪をくぐって無病息災を願う「茅の輪くぐり」(北小岩の北野神社)、全長20メートルの巨大な幟旗をあげる「幟まつり」(篠崎の浅間神社)など、意外と知られていない特色ある祭りの歴史や由来を展示しているほか、祭りを伝えてきた区民たちの思いもパネルで紹介している。6月13日まで。入場無料。

 

邦夫氏長男の太郎氏「舛添新党」から参院選出馬(スポーツ報知)
<平塚タクシー強殺>駅乗車の客が事件に関与疑い(毎日新聞)
<口蹄疫>国の支援を緊急要望 九州各県議会議長会(毎日新聞)
首相動静(5月24日)(時事通信)
普天間、14年移設完了に全力=官房長官(時事通信)



「酸っぱい」カツ重に続き、今度はトンカツ(読売新聞)

 生活協同組合「コープかながわ」のハーモス荏田店(横浜市青葉区)が売れ残りの廃棄用生肉をカツ重にして販売した問題で、新たに横浜市と静岡県のコープ5店でも内規に反し売れ残りの廃棄用生肉をトンカツにして売っていたことがコープの内部調査でわかった。

 コープが8日に記者会見して明らかにした。健康被害などの苦情はないという。

 発表によると、5店は横浜市青葉区と緑区の2店と静岡市葵区の2店、静岡県藤枝市の1店。5店は3月28日に仕入れ、販売した生肉「ロースカツ」の売れ残りを冷蔵保存し、翌29日に油で揚げ、前日と同じ値段の1枚198円で計380枚を販売していた。理由についてコープは「もったいなかったからでは」としている。

 コープはほかにも同様のケースがないか調べるとともに神奈川、静岡、山梨3県の店内調理施設がある62店で8日から当面、総菜調理を自粛する。

 商品の仕入れを担当する「ユーコープ事業連合」(同市港北区)の畑清志・店舗事業本部長は会見で「組合員や消費者に不安、心配をかけた」と陳謝した。

<穀物被害>ホルモン散布で高温障害防止 東北大チーム(毎日新聞)
TBS社員装った男を逮捕 HP開設料名目で現金詐取(産経新聞)
<送る会>ばばこういちさん=6月4日・東京のホテル(毎日新聞)
<もんじゅ>制御棒挿入操作にミス 試験を一時中断(毎日新聞)
<タンポポ>西日本で広域調査 一般参加を呼び掛け(毎日新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。