So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

南アフリカに声援送る、W杯日本代表中村俊輔選手の父母/横浜(カナロコ)

 サッカーの日本代表MF中村俊輔選手(31)にとって、ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は雪辱の舞台となる。直前に風邪をひき、実力を発揮できなかった前回ドイツ大会から4年。今年2月には、もう一つの夢だと公言してきたスペインリーグでのプレーを志半ばにして、万全の状態でW杯を迎えるために横浜F・マリノス(横浜M)に電撃復帰した。サッカー人生の集大成に向かった息子を、父・博之さん(63)と母・イリ子さん(58)はそっと見守り続けている。

 4歳のときに、やると決めたサッカー。以来、寝ても覚めてもサッカー漬けの息子だった。

 中学時代は名門・横浜Mジュニアユースに所属。全体練習が終わっても、照明が消える午後10時近くまでボールをけった。桐光学園高校時代には、自主練習のため午前6時30分に起床。7時に家を出るまでのわずかな時間、朝食をかき込みながら、博之さんが試合で撮りためたビデオテープをチェックした。

 両親ともに、サッカーは全くの素人。父は帰りの遅い息子を迎えの車で待った。母は栄養士から学んだ料理の腕を振るい、身長が伸びないのを気にする息子に「打ち出の小づちでも振ってあげようか」と言って和ませた。

 中村選手が欧州に活躍の場を求めたのは、2002年。W杯日韓大会代表に落選した、すぐ後のことだった。息子から、泣き言を聞いた記憶はない。さらなるステップアップを期したとはいえ、歴史も文化も、言葉も違う環境での生活。「練習を頑張ったご褒美に、お風呂に入浴剤を入れよう」「(イタリアの)田舎で娯楽施設もないから、雑誌は1週間かけて1冊を読もう」。報道で伝えられる息子の姿に、母は思わず涙をこぼしたこともある。

 「ようやく、メンタルも体調も、いい感じになってきたよ」。今月10日、珍しく、中村選手の家族経由で南アフリカから近況報告が届いた。不調を伝える報道が続く中での、朗報だった。

 「弱音は絶対吐かない子でした。意志の強さと覚悟があった」とイリ子さん。父は「これまで、一試合でも手を抜くことはなかった。W杯は年齢的にも最後。万全の状態で試合に出てほしい」と願う。

 14日のカメルーン戦では、先発落ちも伝えられる「背番号10」。両親は「経験が大事になるときもある。日本の勝利に俊輔が貢献できれば、うれしい」と、横浜市内の自宅から、遠い南アの地に声援を送る。

【関連記事】
W杯代表決定
俊輔が山形戦に強行出場へ、W杯に向け危機感/マリノス
サッカーW杯南アフリカ大会の代表にフロンターレから4選手、”後発クラブ”躍進
横浜M:俊輔、中沢ら W杯へ全精力注ぐ/南アフリカ大会全日本代表
サッカーW杯南アフリカ大会の代表にフロンターレから4選手、サポーターたちが喜びの声/川崎

<菅内閣発足>「最小不幸社会つくる」強い経済に意欲(毎日新聞)
<国際テレビ祭>NHKドラマが最優秀賞(毎日新聞)
遷都1300年協会に脅迫文=43歳男を逮捕―奈良県警(時事通信)
火災 住宅全焼、焼け跡から2遺体 高校生の姉妹か 千葉(毎日新聞)
蓮舫氏入閣に台湾メディアも関心 出版社には思わぬ“特需”(産経新聞)




江戸川区の祭りが一堂に(産経新聞)

 江戸川区に古くから伝わるさまざまな祭りを紹介する企画展「江戸川区の祭り〜その心とカタチ〜」が、区の文化施設「篠崎文化プラザ」(同区篠崎町)で開かれている。

 茅の輪をくぐって無病息災を願う「茅の輪くぐり」(北小岩の北野神社)、全長20メートルの巨大な幟旗をあげる「幟まつり」(篠崎の浅間神社)など、意外と知られていない特色ある祭りの歴史や由来を展示しているほか、祭りを伝えてきた区民たちの思いもパネルで紹介している。6月13日まで。入場無料。

 

邦夫氏長男の太郎氏「舛添新党」から参院選出馬(スポーツ報知)
<平塚タクシー強殺>駅乗車の客が事件に関与疑い(毎日新聞)
<口蹄疫>国の支援を緊急要望 九州各県議会議長会(毎日新聞)
首相動静(5月24日)(時事通信)
普天間、14年移設完了に全力=官房長官(時事通信)



「酸っぱい」カツ重に続き、今度はトンカツ(読売新聞)

 生活協同組合「コープかながわ」のハーモス荏田店(横浜市青葉区)が売れ残りの廃棄用生肉をカツ重にして販売した問題で、新たに横浜市と静岡県のコープ5店でも内規に反し売れ残りの廃棄用生肉をトンカツにして売っていたことがコープの内部調査でわかった。

 コープが8日に記者会見して明らかにした。健康被害などの苦情はないという。

 発表によると、5店は横浜市青葉区と緑区の2店と静岡市葵区の2店、静岡県藤枝市の1店。5店は3月28日に仕入れ、販売した生肉「ロースカツ」の売れ残りを冷蔵保存し、翌29日に油で揚げ、前日と同じ値段の1枚198円で計380枚を販売していた。理由についてコープは「もったいなかったからでは」としている。

 コープはほかにも同様のケースがないか調べるとともに神奈川、静岡、山梨3県の店内調理施設がある62店で8日から当面、総菜調理を自粛する。

 商品の仕入れを担当する「ユーコープ事業連合」(同市港北区)の畑清志・店舗事業本部長は会見で「組合員や消費者に不安、心配をかけた」と陳謝した。

<穀物被害>ホルモン散布で高温障害防止 東北大チーム(毎日新聞)
TBS社員装った男を逮捕 HP開設料名目で現金詐取(産経新聞)
<送る会>ばばこういちさん=6月4日・東京のホテル(毎日新聞)
<もんじゅ>制御棒挿入操作にミス 試験を一時中断(毎日新聞)
<タンポポ>西日本で広域調査 一般参加を呼び掛け(毎日新聞)



自民青年・女性局集会、馳浩議員が離党者批判(読売新聞)

 自民党青年局、女性局が全国各地の声を聞いて回る「JIMIN(じみん) NEXT(ネクスト)」が25日、金沢市内のホテルで開かれ、県連会長の馳浩衆院議員は、参院選をにらみ離党、新党結成が相次いでいることに対し「『自分の意見が聞き入れられなかったから離党だ』というのは残念」と批判した。

 会合には、党女性局長の丸川珠代参院議員らが参加。馳氏は、議員は自由に出席できる総務会が毎週火曜と金曜に開かれている事を挙げ、「離党した人々は1度も総務会に出て発言しなかった。マスコミの前で言う前に、いつでもしゃべることが出来た」と述べた。

 また、党が大型連休明けに発表する予定の参院選マニフェストに、教育政策として〈1〉土曜日授業の復活〈2〉学童保育小学校の敷地内で行えるようにする〈3〉学校給食の無償化――の3点を盛り込む方向で協議していることを明らかにした。

<出資法違反容疑>いづみや総本社元社長逮捕 愛知県警(毎日新聞)
<みどりの式典>天皇、皇后両陛下が出席(毎日新聞)
<訃報>杉本栄子さん94歳=秋篠宮妃紀子さまの祖母(毎日新聞)
首相動静(4月21日)(時事通信)
河村市長「減税こそ最高のサービス」恒久化案提案(読売新聞)



医師会側が学校医への協力再開を表明―山梨・上野原(医療介護CBニュース)

 山梨県上野原市の市立病院建て替え計画をめぐり、江口英雄市長と地元の任意団体「上野原医師会」(渡部一雄会長)が対立し、4月1日から市内の小中学校などで学校医が不在となっている問題で、医師会側の渡部会長と川原哲夫前会長は19日に市役所を訪れ、学校医への協力再開を表明する文書を市教育委員会の大神田光司教育長に手渡した。大神田教育長は「1日も早く委嘱状を出してお願いに行きたい」と述べ、20日にも委嘱の手続きを行う考えを示した。一方、江口市長に対して医師会側は、「信頼関係回復に向けての努力を行わないことにした」とし、市長が14日に書面を通じて陳謝した内容の再説明を求める要望書を代理の小幡尚弘副市長に提出。学校医不在の事態は収束に向かったものの、医師会側は「撤回したのは学校医、委嘱医への協力だけ」としており、玉虫色の決着となった。(敦賀陽平)

 江口市長は14日に渡部会長の元を訪れ、学校医への協力要請について「医師会への十分な配慮が不足していたことに心からお詫びする」などとする文書を提出。これを受けて医師会側は16日に市内で定例会を開き、今後の対応について協議した結果、学校医への協力を再開することで合意した。ただ、市長が会長に手渡した文書を医師会側の要求に対する「ゼロ回答」としており、学校医への協力も「(市長の要請ではなく)あくまで独自の判断」(渡部会長)と説明している。また、市の医療行政に関する委員会への出席や、予防接種の窓口業務への協力などに関しては、引き続き協議する考えだ。

 渡部会長は記者団に対し、「学校医の不在が長引き、1日も早く解決しなければならないと考えた」と再開に至った経緯を説明し、「抗議してきた内容を引っ込めるつもりはない。上野原から病院がなくらないよう、言うべきことは言っていきたい」と強調。川原前会長は「事の本質が病院建設から外れることが一番困る」とけん制した。

 医師会側の表明を受け、江口市長は「感謝の意を表したい。今回いただいたご意見などについては、内容をさらに検討するとともに、引き続き話し合い、協力を求めていきたい」としている。


【関連記事】
市長が文書で陳謝、学校医への協力も要請―山梨・上野原
学校医不在で市長と医師会長が会談―山梨・上野原
医師会と市長の対立が泥沼化、学校医不在にー山梨・上野原
山梨・上野原市立病院の建て替えめぐり紛糾
公立病院の経営改善事例集を公表―総務省

5カ月長女に暴行、骨折=育児疲れ、22歳母逮捕−愛知県警(時事通信)
警察庁長官、北九州市訪れ「工藤会壊滅」指示(読売新聞)
安倍政権より支持急落=時事世論調査(時事通信)
高崎自然動物園 名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)
徳之島3町長と電話会談=普天間問題で−滝野副長官(時事通信)



<雑記帳>24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)

 6月に開幕するワールドカップ(W杯)南アフリカ大会を記念して作られた24金製のサッカーボールが仙台市青葉区の百貨店「仙台三越」に展示されている。

 ガラスケースに入れられた黄金ボールは公式球と同じ大きさで、まばゆいばかり。約3キロの金が使われ、お値段は2940万円という。20日まで展示される。

 「W杯で優勝したら、日本代表にプレゼントしたい」と販売元。ただ「ベスト4入り」を掲げる岡田ジャパンの調子は今一つ。目標を黄金ボールに変更したら、チームももっと輝く?【垂水友里香】

【関連ニュース
雑記帳:まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願
サッカーW杯:入場券のデザイン発表
サッカーW杯:FIFA公認の世界地図…松山の会社が販売
レソト:W杯宿泊の穴場…安心価格、会場に近い、治安良好
サッカー:日本完敗、セルビアに0−3 チャレンジカップ

薬害エイズ訴訟、和解勧告を製薬企業側が拒否 大阪地裁(産経新聞)
都心で41年ぶり遅い雪 上越新幹線運休、交通乱れ(産経新聞)
タイで死亡の村本さん、熟練者が狙撃か(読売新聞)
<皇后さま>小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)
医療器具販売会社に破産開始決定―東京地裁(医療介護CBニュース)



首都高の上限900円 高速新料金、エコ割も(産経新聞)

 前原誠司国土交通相は9日、高速道路の料金について、現行の休日割引制度などを見直し、6月中に導入する新たな上限割引制度を発表した。一般高速道路では軽自動車1千円、普通車2千円、中大型車5千円、特大車1万円がそれぞれ上限となる。首都高速道路と阪神高速道路には、距離別料金制度が導入され、900円が上限に設定された。

 新制度では、平日と休日が同一料金に設定される。一般高速道路では現金払いにも上限割引制度が適用され、これまで優遇されていたETC(自動料金収受システム)支払いと現金払いの区別がほとんどなくなる。

 また、燃費がガソリン1リットル当たり20キロ以上の普通車を対象に、上限料金を軽自動車と同じ1千円に設定した「エコカー割引」も導入する。ただ、登録制のため実施は遅れる見通しだ。

 利用者にとっては、平日は総じて割安になるが、これまで割引があった休日には割高になる路線もある。都心で700円の均一料金だった首都高や阪神高速にも距離別料金制度が導入され、割高になる区間と割安になる区間が出てくる。

 新制度の財源には、休日1千円割引などに活用されていた利便増進事業費3兆円を活用する。国交省では、このうち1兆4千億円を高速道路整備に充て、暫定2車線で開通している上信越道(信濃町〜上越ジャンクション)、館山道(木更津南ジャンクション〜富津竹岡)など4区間の4車線化などを進める方針だ。

【関連記事】
観光地「朗報」利用者「戸惑い」 高速上限料金制
お得? それもと負担増? 高速新料金でどうなる
国交省、高速道路割引で上限制度を導入
首都高、普通車500〜900円に 長距離、ETC搭載車は値上げ
なんと首都高が実質値上げ! 距離別料金移行で
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<雑記帳>マリン大役、警察から「みまもり犬」委嘱 広島(毎日新聞)
楽天戦で大量殺人する…大学生、2ちゃんねるに(読売新聞)
長谷川等伯展 京都でも10日開幕(毎日新聞)
<参院選>「第三極」で明暗、たちあがれ日本とみんなの党 (毎日新聞)
<山田杉並区長>「勝負は来年の統一選」 新党結成で述べる(毎日新聞)



マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会(医療介護CBニュース)

 民主党の「国民生活研究会」(中野寛成会長)は4月6日、医療介護年金分野について検討する第一分科会の初会合を開き、足立信也厚生労働政務官と高井美穂文部科学政務官から昨年の衆院選マニフェストの進捗状況についてヒアリングし、次期参院選のマニフェスト策定に向けた議論を始めた。同研究会の櫻井充副会長はあいさつで、「医療・介護は恐らく、マニフェストの大きな目玉の一つになると思う。いろいろな意見を頂ければありがたい」と述べた。同研究会は5月10日までに考えをまとめ、党の「マニフェスト企画委員会」に報告する。

 初会合で足立政務官は、衆院選マニフェストに盛り込まれた医師不足対策の進捗状況を説明。マニフェストでは、OECD(経済協力開発機構)平均の人口当たり医師数を目指し、医師養成数を1.5倍にすると明記している。これに対し、出席した議員からは「目標の根拠が不明確だ」「女性医師の退職問題を解消するために、働きやすい環境を整えるべきだ」などの声があった。また、介護に関しては、「民主党が目指す介護の姿を示す必要がある」などの意見が出た。

 同分科会は14日に、日本医師会の原中勝征会長を招き、意見交換する予定だ。


【関連記事】
医療再生、「医師不足対策が中心」―民主党マニフェスト
医学部新設と急激な定員増は慎重に―医学部長病院長会議
民主議連の緊急提言、「十分検討」―足立政務官
民主の介護議連が設立総会
「民主党に物が言えるのは私だけ」−日医会長選、原中候補が主張

フィギュア 高橋大輔選手が地元・岡山でパレード(毎日新聞)
政党交付金、民主に172億円=10年配分額を決定−総務省(時事通信)
「仕分け人」第2弾、8議員と民間人の一部内定(読売新聞)
優先順位の明記検討を=政権公約の見直しで−民主・細野氏(時事通信)
全国体力テスト、参加率18%に=事業仕分けで86%から低下−文科省(時事通信)



<山本病院事件>容疑者死亡で不起訴に 奈良地検(毎日新聞)

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(破産手続き中)で肝臓手術を受けた男性患者(当時51歳)が死亡した事件で、奈良地検は31日、拘置中に死亡した医師の塚本泰彦容疑者(当時54歳)を容疑者死亡で不起訴処分にしたと発表した。処分は30日付。

 塚本容疑者は死亡した男性の主治医で、問題の手術では助手を務めていた。理事長で医師の山本文夫被告(52)=業務上過失致死罪で起訴=とともに業務上過失致死容疑で逮捕されたが、拘置中の2月25日に病死した。【上野宏人】

【関連ニュース
奈良診療報酬詐欺:山本被告と医師逮捕、患者出血死関連で

「御柱祭」が幕開け=6年に1度、諏訪大社−長野(時事通信)
若林氏の議員辞職要求=投票代行問題で−自民執行部(時事通信)
鳩山邦夫氏の新党参加で与謝野、平沼両氏の間に温度差(スポーツ報知)
雇用調整助成金の不正受給、52事業所で2億(読売新聞)
<犯罪加害者家族>全国調査 3人に1人「うつ傾向」(毎日新聞)



前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。